幼児教育を0歳から始めるのは早くないですか?

皆さんから良くいただく質問です。

これを読んでいる方も同じように思っているのではないでしょうか?

結論から言うと、

早ければ早いほどオススメです!

脳の能力は、生まれたときが最大でその後は少しずつ減っていってしまうのです。

脳は3歳までに大人の80%。6歳までに大人の95%完成します。

子どもの1か月は大人の10年と同じくらいの価値があるので小さいうちから、その能力を引き出す環境を早く作ってあげるということが、とても大切です。

脳を形成していくこの時期に刺激を与えることで、右、左のバランスのとれた脳(全脳)を働かせることができます。

この時期ですと、親子とも楽に自然にその素地を作っていくことができるので、とても重要な意味があります。

できれば、胎教から始めていただくのがいちばんですが、幼児コースでは、4~5カ月ぐらいから通われている方が多いです。

もちろん何歳から始めても遅いということはありません。できるだけ早く始めた方が無理なく能力を引き出せるということです。

そうすることで将来活躍できる・沢山の選択肢から自分のやりたいことを選べる大人になります。

ペリー就学前プロジェクトからもわかるように成功のカギは、《幼少期の働きかけの質》にあります。

学力検査の成績がよい、学歴が高い、特別支援教育の対象者が少ない、収入が多い、持ち家率が高い、生活保護受給率や逮捕者率が低い。

などの結果でした。始めるのが早ければ早いほど教育効果が現れます。

《ペリー就学前プロジェクトについてはこちら↓↓↓》

幼児期の教育が重要といわれるきっかけ「ペリー就学前計画」とは

関連記事

  1. 習い事を始める前に、「EQWEL」をおすすめする理由とは?!…

  2. 【そもそも…『幼児教室って何?】

  3. 【人生最初の1000日】とは?~0歳教育の重要性~

  4. 幼児教育って意味あるの??

  5. 【EQWEL(イクウェル)】 皆さん、当社の名前の由来をご存…

  6. とても大切な3歳までの《感受性期》とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA